個人でできる出版方法

メリットとデメリット



メリットとデメリット

メリットとデメリット 日々文章を書き綴っている方にとって、自分の著作物が出版され本になるのは夢と言えるでしょう。
商業出版は大きな壁があり、容易に出版にこぎつけることはできません。そこで登場するのが自費出版という方法です。この方法のメリットは何と言っても、自分で費用を支払えば誰でも出版が可能という事です。
新人賞などそういった実績がなくても構いません。商業出版のように編集者がやってきて、著作物に対して意見を言う事がないので制約なく出版可能です。エッセイや小説、絵本など好きな作品を専門業者に委託する事で校正や印刷、そして出版まですべてお任せする事ができるので安心です。
出来上がった著作物を店頭に並べることも出来ますし、記念作品として友人知人に配って楽しむことが出来ます。デメリットは自費出版の費用になります。費用は決して安くはなく、数十万から数百万までと安くはありません。
これほど価格幅が広い理由はカバーの種類・ページ数・部数・カラー印刷などによって大きく変化するからです。費用対効果をよく考えて決めるべきです。

自費出版で後悔しないために大切なこと

自費出版で後悔しないために大切なこと 近年では、趣味の世界を形として残したいと考えて詩集や画集または、小説を本にする方が増えています。本にすると言っても様々な方法がありますが、一番多いのが自費出版の形です。
本を出すには、印刷をしてくれる業者を探す必要があり、更にしっかりと製本できる技術を持っている事が重要です。後で後悔しないためにも、実績があり信頼できる業者を選ぶ必要があります。
自費出版するなら複数の業者に見積もりを依頼して、納得の行くまで話し合う事です。その際は、なるべく詳細見積もりをお願いして、契約するなら面倒でも隅々までしっかりと読む事です。費用に関する事で後悔する事が多い為、料金体系の確認が大切になります。
出版社選びで後悔しない為には、上手い話で勧誘したり、対応が遅い、契約書の条項が複雑であるのに契約を急がせる等の場合は、怪しいと思い少し時間と距離を開けて様子を見る事も大切です。自費出版の成功の鍵は、良い出版社を選ぶ事です。

新着情報

◎2018/2/6

自費出版の失敗例と成功例の情報を更新しました。

◎2017/12/14

メリットとデメリットの情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 費用」
に関連するツイート
Twitter

ビジネス出版するだけではなかなか上手くいかない。だから日経新聞全国版の2面や4面に半5段の書籍広告を出稿する。費用は(出版社の負担がないと)約300万円。経営コンサルタントとして独立したあなたは300万円の賭け、できますか?

Twitter戦略プロセス経営実践会@sen_process

返信 リツイート 14:17

【要警戒】出版社職員をかたる不審電話にご注意! 「総合出版の職員」を名乗る不審電話、犯人は県外番号から電話 「名簿の掲載料金の滞納金が約70万円あります。滞納の免除費用として8万5千円を振り込んでください」 身に覚えのない金銭の請求には絶対に応じず電話を切り‥ tottoribousai.jp/bousai/rss_www…

【共同出版】  著者と出版社で費用を負担。

Twitter電子書籍*出版@wfgiyre

返信 リツイート 11:36

【商業出版】  出版社が全て費用を負担。

Twitter電子書籍*出版@wfgiyre

返信 リツイート 11:07

【今なら出版費用15000円!!】 キャンペーン中!なんと、15000円で、あなたの原稿を電子書籍で出版いたします。 興味のある方は、是非ご連絡ください!!

Twitterブリュード@電子書籍代行@tkktyt

返信 リツイート 11:01

RT @hi6ikic: ということは、なにが昔と違うかというと、回収できるかできないかわからないAの期間の費用をむかし出版社が負担していたのを、いま作家に転嫁している、とそれだけのこと

RT @hi6ikic: ということは、なにが昔と違うかというと、回収できるかできないかわからないAの期間の費用をむかし出版社が負担していたのを、いま作家に転嫁している、とそれだけのこと

RT @hi6ikic: ということは、なにが昔と違うかというと、回収できるかできないかわからないAの期間の費用をむかし出版社が負担していたのを、いま作家に転嫁している、とそれだけのこと

【自費出版】  原稿執筆・印刷・本の流通に至るまで、費用を全て自己負担。

Twitter電子書籍*出版@wfgiyre

返信 リツイート 9:07

返信先:@tk_takamura 営業妨害として訴えることは出来ないのかなと思っています。 ユーザーやファンにクラウドファウンディングで裁判費用を捻出&問題ないと思う人の視覚化し、裁判を起こす。 余った費用は製作者や出版社に還元という形。

TwitterY人/火曜・南“ヨ”ブロック-02a@y_jinn

返信 リツイート2 8:18