個人でできる出版方法

メリットとデメリット



メリットとデメリット

メリットとデメリット 日々文章を書き綴っている方にとって、自分の著作物が出版され本になるのは夢と言えるでしょう。
商業出版は大きな壁があり、容易に出版にこぎつけることはできません。そこで登場するのが自費出版という方法です。この方法のメリットは何と言っても、自分で費用を支払えば誰でも出版が可能という事です。
新人賞などそういった実績がなくても構いません。商業出版のように編集者がやってきて、著作物に対して意見を言う事がないので制約なく出版可能です。エッセイや小説、絵本など好きな作品を専門業者に委託する事で校正や印刷、そして出版まですべてお任せする事ができるので安心です。
出来上がった著作物を店頭に並べることも出来ますし、記念作品として友人知人に配って楽しむことが出来ます。デメリットは自費出版の費用になります。費用は決して安くはなく、数十万から数百万までと安くはありません。
これほど価格幅が広い理由はカバーの種類・ページ数・部数・カラー印刷などによって大きく変化するからです。費用対効果をよく考えて決めるべきです。

自費出版で後悔しないために大切なこと

自費出版で後悔しないために大切なこと 近年では、趣味の世界を形として残したいと考えて詩集や画集または、小説を本にする方が増えています。本にすると言っても様々な方法がありますが、一番多いのが自費出版の形です。
本を出すには、印刷をしてくれる業者を探す必要があり、更にしっかりと製本できる技術を持っている事が重要です。後で後悔しないためにも、実績があり信頼できる業者を選ぶ必要があります。
自費出版するなら複数の業者に見積もりを依頼して、納得の行くまで話し合う事です。その際は、なるべく詳細見積もりをお願いして、契約するなら面倒でも隅々までしっかりと読む事です。費用に関する事で後悔する事が多い為、料金体系の確認が大切になります。
出版社選びで後悔しない為には、上手い話で勧誘したり、対応が遅い、契約書の条項が複雑であるのに契約を急がせる等の場合は、怪しいと思い少し時間と距離を開けて様子を見る事も大切です。自費出版の成功の鍵は、良い出版社を選ぶ事です。

新着情報

◎2018/2/6

自費出版の失敗例と成功例の情報を更新しました。

◎2017/12/14

メリットとデメリットの情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 費用」
に関連するツイート
Twitter

共同出版さん「あたかも自分が選ばれたように思わせ、出版費用を支払わせて出版させる、という手口もあるようです。そして『共同出版』という名目で、印税率を低く設定する。あこぎな商売ですねぇ。こういうこともありますから、契約書はよく読んでくださいね」

Twitter小説用語擬人化bot@s_yougo_bot

返信 リツイート 17:00

写真集の出版費用って、B5、80ページ、200部で80万円くらいするのか!^ ^;一冊1800円くらいで売ってるから発行部数全部売れてもみんな赤字なのか(汗)

某○春とかは、会社組織、出版社だから、ちゃんと法務部あるの。 訴訟まみれだけど。 日本は賠償金が安い(会社にとってはね!)から、やっていける。 雑誌売上≫訴訟費用+賠償金 雑誌売上から考えて、赤字にならないならいと踏んで、記事書いてるの、訴えられる事も込みで。 自主永久炎上機関

高〇先生、マジレスするとたぶん税金の取られ方がえげつないからなんだろうなあ…出版社からも新人育成()費用搾り取られてまあキレるのもわかる。

Twitter尻穴ウォッチャー山田@sirianawatcher

返信 リツイート 14:12

紙書籍を個人が出版するには 大きな額を出して出版しないといけませんが、 やり方さえ知っていれば、 電子書籍は初期費用0円で出版することができます。

Twitterいますぐ印税収入を得よう!@ebookschool

返信 リツイート 11:05

知らなかった。→「米出版社の大部分が中国で聖書を印刷している。聖書には約80万の単語が使われており、複雑で費用がかかるためだ。」「試算によれば、聖書の出版経費の約4分の3が中国で発生している。」 cnn.co.jp/business/35139…

RT @kisato1518: 藤井千秋の世界。皆さまへの質問その② 自費出版は予想より費用が必要なことがわかり、費用の一部をクラウドファンディングはどうかと教えてもらいました。クラウドファンディングについてや多くの人にクラウドファンディングしていることを知ってもらうには、どう…

戎光祥出版の図説シリーズか中世武士選書シリーズ(共に約3000円)を買おうと決意したが、こうやって、1冊の専門書に使う費用が、増えていって感覚が麻痺していくんだろうな。 あぁ~、なんて恐ろしい歴史沼。 怖いよ~、怖いよ~。 ※とても楽しみです( *´꒳`* )

Twitter長重@本の虫になりたい@hidetugu12

返信 リツイート 昨日 17:23

弁護士を雇う費用って馬鹿にならないと思うんだよね。成功報酬としても。漫画村の運営に訴えを起こす漫画家って財力と気力と時間的余裕がある人かと。原告が出版社ってわけにはいかないの?

RT @hirougaya: 参議院選挙に立候補する人間の著作を選挙時期に合わせて発売することは、出版社の商業上も有利な展開です。選挙の宣伝材料として、まとまった部数の買い取りが期待できるからです。 その買い取り費用がどこから出されるのかは、候補者に聞いてみないとわかりません…

Twitter名無しの雷蔵@色々(笑)@raizou_nanashi

返信 リツイート 昨日 12:01