個人でできる出版方法

自費出版の失敗例と成功例



自費出版の失敗例と成功例

自費出版の失敗例と成功例 本を商業ベースの企画として出版社に持ち込まなくても、自費出版という方法を利用すれば、出版することはできます。
しかし、自費出版の多くの事例は、商業的にはうまくいかず、損失を発生させていまいます。
自費で出版された本を買う読者のほとんどは、著者の関係者であり、書店に並んだとしてもほとんどが売れずに返品されてしまいます。

しかし、有名になった著者の中でも、自費出版で始めた人は大勢います。
成功した事例を見ると、作品自体の出来が良かっただけではなく、著者自身がプロモーションや広告戦略を、自ら行っています。
書店に並んだだけでは、購買者の手に届くことはほとんどなく、著者が行ったプロモーションなどは、失敗と成功を分ける非常に重要な要素になります。

自費出版の多くの事例は、単純に利益をあげることができたかという点で判断すると、失敗例になります。
成功するためには、本を書く以外のビジネス戦略を、著者自ら行う必要があります。

自費出版はかかる費用を回収できる?

自費出版はかかる費用を回収できる? 商業用として出版社に原稿を持ち込まなくても出版できる、自費出版は便利なものです。
しかし、出版をすることと、費用を回収することは別の問題であり、出版をできたとしても、出版にかかる費用を回収できるとは限りません。

自費出版で、本を世の中に出すことは、原稿や本のカバーが決まっていれば、比較的簡単です。
しかし、十分な数を販売をするためには、マーケティングや広告などの販売戦略が必要で、決して簡単ではありません。
出版をできたとしても、出版社が十分にマーケティングなどをしてくれるケースは少なく、出版にかかる費用を回収できる可能性は、現実的には高くありません。

自費出版にかかる費用を回収するためには、地元の書店に本の陳列を頼んでみたり、自分のSNSやブログで発信したりと、自分でも行動する必要があります。
自費出版の場合、出版にかかる労力と、販売にかかる労力は別のものなので、出版社に頼り過ぎずに、地道に販売活動をしていくことが大事です。

新着情報

◎2018/2/6

自費出版の失敗例と成功例の情報を更新しました。

◎2017/12/14

メリットとデメリットの情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「費用 回収」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@Aquamarine358 ちな救助費用回収できる見込みなどは

RT @KensukeGru: ペットボトルや缶は全てリサイクル。 購入時に容器代が費用に含まれていて 機械に入れるとお金が返ってくる。 ほぼ全てのスーパーで換金でき、こどもはペットボトルを集めて積極的に スーパーへ換金しにいく。 回収コストも減らせるし子供も楽しい仕組み…

映画館でプロメアみてきました。すごい面白かったです。で、このパンフレット、映画館で買ってきてメルカリで出品すると利益でますね。費用回収できちゃうじゃん(笑)

Macはハードが対応する限りOSは無償でアップグレードできるのに、Windowsは何かよく分からない理由で欲しくもないWindows10への買い替えを迫ってるように感じる。マイクロソフトもどこか見えないところで費用回収しといてよ。法人は有料で個人は基本無料にするとか。

RT @valuefp: @tabbata 大学進学で発生した機会費用=学費と働けば貰えたはずの給料を、大学進学した人が本来は回収出来てない、にもかかわらず大卒は高卒より給料が高い、そして大学には税金が投入されている。つまり大学進学のコストを高卒が負担してるというイビツな状況。…

Twitterミシマ@犬狼新党@kuze627

返信 リツイート 昨日 22:32

消費税を上げたところで景気が悪くなるだけって今時中学生でも分かるのにな。 議員の数を減らせ、無駄な費用や経費を無くせと昔から言われてるのに聞く耳を持たない。それでいて税金は回収する。国民のために使っているお金なんてたかが知れてるでしょ。

Twitter愚痴を言う栗花落夜風bot@thuyuriyokaze_

返信 リツイート 昨日 22:18

・貨幣性資産は回収可能価額によって評価。 ・費用性資産は、原価主義の原則によって、当該資産の取得に要した支出額、すなわち取得原価に基づき評価。また費用性資産の取得原価は、費用配分の原則により各会計期間に費用として配分され、費用配分後の残余部分が各会計期間末における評価額となる。

RT @valuefp: @tabbata 大学進学で発生した機会費用=学費と働けば貰えたはずの給料を、大学進学した人が本来は回収出来てない、にもかかわらず大卒は高卒より給料が高い、そして大学には税金が投入されている。つまり大学進学のコストを高卒が負担してるというイビツな状況。…

Twitter中嶋よしふみ@FP・SCOL編集長@valuefp

返信 リツイート 昨日 22:05

費用回収的な意味でも、混雑緩和的な意味でも、入場料とっても良かったと思うけど、そこは著作権危ういのもあったっぽいから難しかったのかな

返信先:@Hanasaki0824費用さえ回収不能やん・・・