個人でできる出版方法

自費出版の失敗例と成功例



自費出版の失敗例と成功例

自費出版の失敗例と成功例 本を商業ベースの企画として出版社に持ち込まなくても、自費出版という方法を利用すれば、出版することはできます。
しかし、自費出版の多くの事例は、商業的にはうまくいかず、損失を発生させていまいます。
自費で出版された本を買う読者のほとんどは、著者の関係者であり、書店に並んだとしてもほとんどが売れずに返品されてしまいます。

しかし、有名になった著者の中でも、自費出版で始めた人は大勢います。
成功した事例を見ると、作品自体の出来が良かっただけではなく、著者自身がプロモーションや広告戦略を、自ら行っています。
書店に並んだだけでは、購買者の手に届くことはほとんどなく、著者が行ったプロモーションなどは、失敗と成功を分ける非常に重要な要素になります。

自費出版の多くの事例は、単純に利益をあげることができたかという点で判断すると、失敗例になります。
成功するためには、本を書く以外のビジネス戦略を、著者自ら行う必要があります。

自費出版はかかる費用を回収できる?

自費出版はかかる費用を回収できる? 商業用として出版社に原稿を持ち込まなくても出版できる、自費出版は便利なものです。
しかし、出版をすることと、費用を回収することは別の問題であり、出版をできたとしても、出版にかかる費用を回収できるとは限りません。

自費出版で、本を世の中に出すことは、原稿や本のカバーが決まっていれば、比較的簡単です。
しかし、十分な数を販売をするためには、マーケティングや広告などの販売戦略が必要で、決して簡単ではありません。
出版をできたとしても、出版社が十分にマーケティングなどをしてくれるケースは少なく、出版にかかる費用を回収できる可能性は、現実的には高くありません。

自費出版にかかる費用を回収するためには、地元の書店に本の陳列を頼んでみたり、自分のSNSやブログで発信したりと、自分でも行動する必要があります。
自費出版の場合、出版にかかる労力と、販売にかかる労力は別のものなので、出版社に頼り過ぎずに、地道に販売活動をしていくことが大事です。

新着情報

◎2018/2/6

自費出版の失敗例と成功例の情報を更新しました。

◎2017/12/14

メリットとデメリットの情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「費用 回収」
に関連するツイート
Twitter

50万貸した分は回収してきてワゴンRの下取り費用回収したから実質トントンなのか

Twitter🍓男の娘アイドルえちご姫ちゃん🍓@etghm

返信 リツイート 33分前

プライベートリサーチ大阪 相手方の財産調査。 行方ががわからなくなった相手方の探し出し。 実際の回収業務までトータルでサポート。 迅速に即日着手。 不当な費用請求は一切なし。 kinsen-saiken.com

Twitterプライベートリサーチ大阪@pr_osaka

返信 リツイート 34分前

オーファンの薬って、販売は勿論だけど治験段階に漕ぎ着けただけで患者さんにとっては大きな希望だと思うのであって… そして、儲ける為にオーファンの薬開発するメーカーなんてほぼないのでは?と思ったり‥ 費用回収は難しいよねー

RT @noooooooorth: またドタキャンは飲食店の経営者だけでなく従業員の待遇にも影響が出るものだと思います。そんな中、私がお手伝いできることは何かなぁと考えた結果、ドタキャンのキャンセル料金の回収サービスはどうだろうと思った次第です。使いやすいように初期費用0、回収

Twitterあいいちろう@AIICHILOW

返信 リツイート 17:08

高温で燃やせばダイオキシン出ないし、焼却炉の燃料節約、分別回収の手間と費用と時間の節約にもなりそう。

Twitter引越のカサイ@ponytail56

返信 リツイート 17:06

通常処分するのに費用がかかるものであっても、関西クリーンサービスでは、お客様の負担を減らすため、リサイクル(資源回収)可能な不用品は、壊れていたり、部品が無い物や古い物でも無料で回収させていただきます!k-clean.jp/service01/free/

Twitter不用品回収・遺品整理の関西クリーンサービ@KansaiClean

返信 リツイート 17:02

だから以前どんな行動をした(結果が失敗でも)かで考える方が大事かもね 年金だ奨学金(借金)だをなんとかするなんてどこから費用捻出するんですかねー?状態だし(自身でタダ働き嫌だろうから税金で回収せんと無理だろ)

返信先:@Ye5k2PEVic7TaRK 備品は論外。回収強制ボランティアはボイコットしましょう。大変でしょうけど。 遠足、修学旅行費用に寄付して一人当たりの支出を減じて、積立金一部返金して助けるならまだしも。他団体に寄付も別問題。 ご存じのように米国の子はボランティア自主的にやって自分たちの旅費などの活動資金を集めます。

昨日のカジノの戦績 500AUD→2250AUD とりあえず旅の費用回収できたV pic.twitter.com/5w5dw3LN7i

返信先:@nattokb195他5人 市にお金がないのに誘致に手を上げた上さん、そのお金のない都市に強引に国と道や市のお金、更には新駅や駅回収費用をJRにおねだり… 立派です このしたたかさ…とても真似しろといわれても真似できません他球団では。